カプッル ライブチャット チャットで潮吹き

であいけいのwebさいとをりようするひとにといかけてみるとチャットで潮吹き、おおよそのひとは、ひとはだこいしくて、いっしゅんでもかんけいをもつことができればそれでかまわないというみかたでであいけいさいとにはまっていってます。
いってしまえば、カプッルきゃばくらにいくおかねをけちりたくて、ライブチャットふうぞくにかけるりょうきんももったいないから、りょうきんがはっせいしないであいけいさいとで、「てにいれた」おんなのこでてごろなかかくでまにあわせよう、ととらえるだんせいがであいけいさいとをかつようしているのです。
ぎゃくに、ライブチャット「じょし」じんえいではすこしべつのかんがえかたをいだいています。
「すごくとしうえのあいてでもいいから、おかねもちでりょうりができるひとをかれしにしたい。であいけいさいとのほとんどのだんせいはもてそうにないようなひとだから、チャットで潮吹きじょしちからぶそくのじぶんでもいのままにできるようになるんじゃないの?もしかしたら、たいぷのひとがいるかも、ライブチャットきもいひとはむりだけど、たいぷなひとならあってもいいかな。じょせいはみんな、このようにかんがえています。
かんけつにいうと、じょせいはだんせいのるっくすかおかねがめあてですしカプッル、だんせいは「あんかなじょせい」をもくてきとしてであいけいさいとをはたらかせているのです。
りょうほうとも、できるだけあんかにおかいものがしたくてであいをかつぼうしているようなものです。
そうやって、であいけいさいとをつかいまくるほどに、だんせいはおんなを「しょうひん」としてとらえるようにになり、おんなたちもみずからを「しなもの」としてみなしていくようにかんがえかたがいびつになっていくのです。
であいけいさいとのしようしゃのもののみかたというのはチャットで潮吹き、じょせいをじわじわとせいしんをもたない「ぶっしつ」にしていくようなあぶない「かんがえかた」なのです。

関連記事