ライブチャット マスク レズ ライブチャットゲイ

であいをもとめるねっとのばをつかっているひとたちにおはなしをうかがうと、おおよそのひとは、ライブチャットゲイこどくになりたくないから、レズいっしゅんのかんけいがきずければかまわないというきもちでであいけいさいとをかつようしています。
かなめはマスク、きゃばくらにいくりょうきんをせつやくしたくてライブチャットゲイ、ふうぞくにかけるりょうきんもせつやくしたいから、むりょうでつかえるであいけいさいとで、マスク「げっとした」じょせいでやすあがりですませよう、レズととらえるちゅうねんおとこせいがであいけいさいとをつかっているのです。
そんなだんせいがいるなか、ライブチャットじょせいさいどはまったくことなるかんがえかたをゆうしています。
「すごくとしうえのあいてでもいいからライブチャットゲイ、りょうりができておかねがあるかれしがほしい。であいけいなんてやってるだんせいは9わりがたもてないひとだから、じょしりょくのないじぶんでもてだまにとることができるようになるよね…ひょっとしたら、かっこいいひとがいるかも、おっさんはむりだけど、たいぷなひとならあってもいいかな。このようにかんがえるじょせいばかりです。
つまるところ、じょせいはだんせいのかおだちのよさかみついでくれることがめあてですし、だんせいは「ちーぷなじょせい」をもくひょうにであいけいさいとをつかっているのです。
だんじょとも、できるだけおかねをかけずにおかいものがしたくてであいをほっしているようなものです。
けっかとして、であいけいさいとをもちいていくほどに、おとこどもはじょせいを「うりもの」としてとらえるようになりライブチャット、おんなたちもそんなおのれを「しょうひん」としてあつかうようにいびつなかんがえになっていくのです。
であいけいさいとのつかいてのかちかんというものは、かくじつにおんなをにんげんから「もの」にしていくぶるいのきけんな「かんがえかた」なのです。

関連記事