好きな人 メアド交換チャット チャットパット

いぜんしょうかいしたきじには、チャットパット「であいけいさいとでせっきょくてきだったから、あってみたらそのおとこははんざいしゃでした」というじょせいがいたはなしをだしましたが、なんとそのじょせいはそのままチャットパット、そのだんせいとわかれずにつきあってしまったのです。
そのときのじょうきょうが、「だんせいがあやしそうで、ことわれないかんじがしてついていくしかなかった」といっていましたが、好きな人さらにいろいろなはなしをきいたところ、かのじょとしてもきょうみをもつところがありいっしょにいくことにしたぶぶんもあったようです。
そのかれがどういったつみだったかというと、けっしてちいさくはないないふでさしたあいてはじぶんのおやというじけんですから、ふかこうりょくなどではなかったとふつうはおもうかもしれませんが、じっさいはおだやかにかんじたようで、やさしいぶぶんもいろいろとあったので、ちゅういするほどではないとおもって、好きな人わかれるのではなくつきあいはじめたのです。
そのごもうまくいけばいいのですが、きがつくとふしんなこうどうをしているときがあったのでチャットパット、だまったままなにもいわずにでていき、もうあわないようにしたのだというおわりになったのです。
おなじへやですごすということがすでにいあつされているようにかんじ、ふたりでいっしょにくらしていたばしょから、じぶんかってだとおもわれてもいいのできのみきのままででてきたとのことでしたが、どうやらいっしょにいるときょうふかんがつよかったというぶぶんもたしかにあったようですが、いけんがあわないとなると、ちからのちがいをりようするようになりメアド交換チャット、ぼうりょくてきなぶぶんをみせるそぶりをわざとみせてくるので、おかねにかんしてもじょせいがだすようになり、メアド交換チャットたのまれたことはなにもことわれず、そのだんせいとのせいかつはつづいていたのです。

関連記事