電話番号登録不要 ショット ツーショット 公衆電話

あたらしいであいがてにはいるばをりようするひとびとにおはなしをうかがうと、ショットほとんどのひとは、ショットこどくにたえきれず公衆電話、わずかのあいだかんけいがきずければ電話番号登録不要、それでいいというとらえかたでであいけいさいとをしようしています。
いいかえると、きゃばくらにいくおかねをかけたくなくて電話番号登録不要、ふうぞくにかけるおかねもけちりたいから、おかねがひつようないであいけいさいとで、「つれた」じょせいでおとくにすませよう、とおもいついたちゅうねんおとこせいがであいけいさいとというせんたくしををえらんでいるのです。
だんせいがそうかんがえるなか、じょせいじんえいではそういなすたんすをしています。
「ねんれいがはなれていてもいいからツーショット、おかねもちでかじをしてくれるひとをかれしにしたい。であいけいさいとのほとんどのおじさんはかくじつにもてないひとだから、ちゅうのげていどのじぶんでもおもちゃにできるようになるかのうせいはたかいよね!かのうせいはひくいけどショット、かっこいいひとがいるかもツーショット、ちゅうねんぶとりとかはむりだけど、いけめんだったらあいたいな。じょせいの8わりいじょうはこのようにかんがえています。
たんじゅんめいかいにいうと公衆電話、じょせいはだんせいのがんめんへんさちかきんせんがもくてきですし、だんせいは「おてごろなじょせい」をかちとるためにであいけいさいとをやくだてているのです。
そうほうとも、できるだけやすくおかいものがしたくてであいをねがっているようなものです。
そうやって、であいけいさいとにつかいこなしていくほどに電話番号登録不要、おじさんたちはじょせいを「もの」としてとらえるようになり、おんなたちもみずからを「しなもの」としてとりあつかうようにかんがえかたがへんかしてしまいます。
であいけいさいとにはまったひとのかんがえというのは、ツーショットじょせいをじんわりとひとではなく「もの」にしていくようなびょうてきな「かんがえかた」なのです。

関連記事